Pick Six Previews-2020All-Pac12プレシーズンチーム-PICK Six Previews

UNIONVILLE,Pa. –9th annual Pick Six Previewsのシーズンプレビューブックは19日に発売され、12のPac-12プログラムはすべてプレシーズンAll-Pac12チームに代表されています。 2019年1月のオールアメリカン-オフェンスでは、ペネイ-シーウェル(オレゴン州)がヘッドライナーを務めた。 ケイヴォン・ティボドー(オレゴン州)、ジェヴォン・ホランド(オレゴン州)、イライジャ・モルデン(ワシントン州)がオールアメリカン・ディフェンスの1stチームに選ばれた。
オフェンスでは、ユタ州とUSCがそれぞれ五つの選択でリーグをリードしています。 ユタ州のオフェンスコーディネーターのアンディ-ルートヴィヒは、スキルポジションでの才能のロックを解除し、彼の創造性は、ピックシックスプレビューの相手調整パーセンタイルごとに、すべての2019コーディネーター雇用の中で最も改善されたオフェンスをリードするのに役立ちました。 Jaylen DixonとBritain Coveyはともにワイドレシーバーの栄誉を獲得し、タイトエンドのBrant Kuitheはパスゲームとグラウンドゲームの両方で生産を追加した後、1St Team All-Pac12と4Th Team All-Americanに配置された。 ルートヴィヒはタイトエンドの位置から三つのラッシングタッチダウンを得る方法を見つけた。
米軍のグラハム-ハレルは、4番人気に推されていたが、エア-レイド-パス-ヘヴィ-スキームを導入したことで、攻撃力を向上させた。 50年間”テールバックU”として知られていたにもかかわらず、一晩USCは全国的にトップ通過犯罪の一つとなりました。 ケドン-スロビスは1チーム中12位、4チーム中4位の3500ヤードを獲得した。 Slovisは再びトップワイドレシーバーグループに投げられます;USCのWRのは、ピックシックスプレビューのユニットランクで全国3位にランクされています.
ディフェンスでは、オレゴン州は七つの選択でリーグをリードしています。 2019年のピック-シックス-プレビューでは、オレゴン州は4番目に改善された防御率であり、2018年から2019年にかけて最も改善された防御率であった。 1958年以来5年ぶりの1桁勝利を記録した。 この年は63試合に出場して打率. 第1回選抜高等学校野球大会では2019年の全国高校野球選手権大会で準優勝した。 10の11スターターが戻り、バッカーの一つの欠員は一つだけでなく、二つの5つ星の見通しによって満たされます。
全体では、オレゴン州とUSCが10の全Pac12選択でリードし、続いてワシントン州(9)、アリゾナ州(7)、カリフォルニア州(7)、ユタ州(7)、コロラド州(6)、スタンフォード州(5)、ワシントン州(3)、オレゴン州(2)、UCLA(2)、アリゾナ州(1)が続いた。
詳細については、すべての66パワー5プログラム、すべての会議チーム、ユニットランク、募集動向、10年のコーディネーターの動向、およびより多くのための完全なチームの書き込みアップ-以下のサンプルページとお客様の声をチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。